苫小牧樽前神社の初詣で元旦に渋滞でも並ばずに神社に行く方法

「苫小牧で樽前神社に元旦に初詣に行こうと思ったら、渋滞で諦めた」

ってことありませんか?

もし渋滞だったとしても、早く行く方法があったらせっかく近くまで来たので、諦めずに初詣に行きたいですよね。

樽前神社の初詣に行った時に、渋滞でも早く行ける方法はないか考えてみました。

それと「渋滞だからといってやってはいけないこと」も併せて紹介します。

スポンサーリンク

元旦に初詣に行こうとしたら渋滞の時間になってしまう

樽前神社の元旦は、11~17時頃までは、バイパスのあたりまで渋滞します。

前日の大晦日では、0時を過ぎて年を超すまで起きている人が多いと思います。

・大晦日の深夜に寝て
・元旦の朝はゆっくり起きて
・それから初詣に行く

と、だいたいがこの渋滞の時間になってしまうのではないでしょうか?

「せっかく初詣に来たのに、何もしないで帰りたくない」

「でも渋滞で時間を潰したくない!」

という人は、次に紹介する方法で渋滞の車の列に並ばないで樽前神社に向かいましょう。

渋滞でも並ばずに神社まで行く方法

樽前神社は、神社へ続く道路の左側にあります。

そのため、初詣に向かう車の渋滞は、2車線の道路の左側にできます。

右側は、渋滞にはなりません。

樽前神社の初詣の時は、向かいの苫小牧工業高校が臨時の第3駐車場になります。

この苫小牧工業高校は神社に行く道路の右側にあります。

もう、お気づきかと思うのですが、最初からこの第3駐車場に停める目的で神社に向かいましょう。

すると、道路の左側は渋滞していますが、右車線を走ると、スムーズに神社の鳥居のところまで行けます。

鳥居を過ぎて、突き当たりを右折すると、苫小牧工業高校の臨時の第3駐車場に入れます。

第3駐車場から神社までは少し歩きますが、バイパスのあたりまで渋滞がある場合は、その最後尾に並ぶよりも遙かに速く参拝できます

ということで、元旦の初詣に行って渋滞のときは、

最初から第3駐車場狙いで神社に行く

というのがオススメです。

スポンサーリンク

渋滞のときにやってはいけないこと

セブンイレブンのある交差点から横入り

神社の手前にセブンイレブンがあります。

セブンイレブンのある信号のところで、セブンイレブン側から左折し、初詣の渋滞の列に並ぶこともできます。

これは横入りになってしまうので、モラル的にあまりオススメはしません。

近くの駐車場に停める

車が渋滞しているなら、車をどこかに停めて徒歩で行くという方法もあります。

近くには、ツタヤやステイがあります。

この駐車場に停めて歩いて初詣に行く人がいるのですが、お店の迷惑になるので、これも

しないほうがいいと思います。

まとめ

「樽前神社に元旦に初詣に行ってみたら、渋滞していた」

という場合でも、諦めずに第三駐車場を利用する方法で行ってみてください。

元旦は神社に出店も出ているので、1年の祈願を終えた後に、温まって帰るのもいいですね。

あなたの1年がよりよい年になりますように。

子供連れの場合は、↓こちらに子連れで行く時のオススメの時間帯について書いているので、参考にしてみてくださいね。

苫小牧の樽前神社に初詣に行く人は多く、時間帯によっては渋滞するほど混み合います。子供連れで初詣にいくときに、空いていてオススメの時間帯を紹介しています。子供と一緒に初詣に行き、気持ちを新たにして新年をスタートさせましょう。

第一・第二駐車場について知りたい方は、↓こちらの記事が参考になると思います。

苫小牧の樽前神社の初詣では、第一~第三駐車場まで用意されています。 元旦は渋滞になる時間帯があり、第一~第三駐車場のどこに停めると時間短縮になるかや、初詣が終わった後の神社での楽しみ方を紹介します。

樽前神社の施設情報

樽前神社HP

樽前神社Facebook

樽前山神社、苫小牧市 - 「いいね!」1,063件 · 39人が話題にしています · 2,474人がチェックインしました - 明治天皇の勅命により霊峰樽前山をお祀りする、明治8年鎮座の苫小牧総鎮

電話番号:0144-36-6661

住所:

〒 053-0035

北海道苫小牧市高丘6-49

地図

スポンサーリンク
プロフィール

マコと言います。

苫小牧で子育て中です。

 

育児でドタバタな毎日ですが、

子供とお出かけする目線で、苫小牧の情報を発信していきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキングに参加しています!

とまいろはブログ村に参加しています。

押してくれるとブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 苫小牧情報へ
にほんブログ村